読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Over 'D'

海外ディズニーへの旅ログ

WDW 2014.9 Magic Kingdom① Entertainment編

WDW2014

TDLの元になったテーマパークなので所々が似通ってました。
私達は2日目(9/17(火))と5日目(9/20(土))に行きました。
あ、あと9/19(金)のハロウィンパーティでも。これは別に寄稿します。

エントランスはアナハイムと同様で、ミッキーフェイスの花壇の上にディズニーランド鉄道の駅が。
Magic Kingdomではパークオープンの15分前にはウェルカムショーがあるということで
30分前くらいには到着しているようにしていました。
17日は小雨が降ったり、厚い雲が出てきたり…変なお天気だったんですが
ショーが始まる前には晴れて虹が出ていました!

ウェルカムショーのことから書くので、まずショー、パレードについてまとめますね。

 ・Magic Kingdom Welcome Show

登場キャラクターはたくさんいて、ここでもアナとエルサがいましたね。
ヴィランズからはトレメイン夫人とアナスタシア、ドリゼラ!
何故この3人いるのwww
内容はパークオープンのカウントダウンなんだけど、これがあるだけでまた感動も一入。
なんでアナハイムではこれやってないんだろう。。。
鉄道に乗って手を振りながらミッキーたちがやってくるだけで、もうワクワクでしたよ。
これを毎日やってるのか…と思うとさすがエンターテイメント大国の最たるものだな。とぐうの音も出なかったです。

 ・Dream Along With Mickey

レギュラーのキャッスルショーです。
アナハイムのアトモスみたいに開始すると人が集まる感じ。(内容がつまらないとかそういう理由ではなくてね)
ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーが登場してプリンセスやピーターパンの世界を紹介。
途中、マレフィセントが出てきて…という展開なんですが
これ、所々ワンマン(TDLのワン・マンズ・ドリームⅡ)だった!
非常に驚いたけど、フィナーレでかかってた曲もTDL20週年の「ギフト・オブ・ドリームス」でした。
全体的にTDLの逆輸入版なのかな…?
シンプルな構成ですがディズニーらしい素敵なショーです。やっぱりキャッスルショーいいなぁ。
ちなみにミキミニドナグーはトーキングヘッドです。みんなが目を開けてる写真撮るの難しい! 

・Move It, Shake It, Celebrate It! Street Party

1日に数回行われるゲスト参加型パレード。
今秋にアップデートされるという公式情報があったけど、とりあえずまだ現行版でした。
途中からフロートが停止して、ゲストがパレードルートに出てダンスできる構成になっています。
ミッキーの前はやっぱり人気でした。(但し、ミッキーは降りてこない)
日本人が周りにチラホラいたけど、めっちゃ踊ってるのは私達だけだったな…
写真もいいけど、参加して踊って楽しむのがこのパレードの醍醐味だと思うんだけどなぁ~

 ・Disney Festival of Fantasy Parade

今年の3月に始まった、デイパレードです。これは1日に1回だけ。
ジュビレーション!のフロートが2台、流用されているあれです。
このパレードの見どころの一つ、マレフィセントのドラゴンフロート。
フロートというかドラゴンそのものなんだけど、本当ディテールがすごい。横から見るの楽しい。
パレードの最後は気球に乗ったミッキーミニーなんだけど、気球ってトレンドなんでしょうかね。
(香港も東京もフロリダも…同じイマジニアが作ったのかな?)

 ・Main Street Electrical Parade

お馴染みなんだけど、お馴染みじゃないエレクトリカル・パレードです。
先頭がブルーフェアリーじゃなくてティンカーベルだったことにまず度肝を抜かれました。
その後に続くのはグーフィー、ミッキー、ミニーのお馴染みのフロート。
なんだけど、…ん?なんかフロート小さい?
長年、ドリームライツを見続けてそれが普通の感覚になってましたが、Magic Kingdomのは昔ながらのEパレです。
カメさんとか久々に見たし、ミッキーたちの後のアリスがキノコに乗ってた!懐かしい!
このパレードだけは昔からの状態を保ってるんだね。なんか乙だなぁ。
そして最後まで振り返って、ミキミニグー以外の主要キャラが出てないことに驚いてCelebrate the Magicへ。 

・Celebrate the Magic
 

シンデレラ城で行われるプロジェクションマッピングショーです。
前身の「The Magic,The Memories, and You!」も観てみたかった…いつの間に変わってたんだ。
TDLで始まったOnce upon a Timeを見て、イマイチと思っていたので
観たかったディズニーのプロジェクションマッピングはコレだよ!と力強く言いたいですね。
流れも、投影される映像・動きも素晴らしかった。ウォルトから始まり、ミッキーで締める。
そしてやっぱりLet it Goはみんな大熱唱ねw

 マッピングですが、ちょうど冬季の装飾を付けている最中で
お城の表面は凸凹になっていたはずですがとても綺麗に投影されていました。
もちろん、「Dream Along With Mickey」で使われている舞台装置もそのままです。
・・・つまり、障害物は関係なくプロジェクションマッピングできる技術はディズニーにあるってことだよな。

 ・Wishes

パーク1日を締めくくる、花火のショーです。
唯一出てくるキャラはティンカーベル。シンデレラ城からの大飛行でテンションが上がります。
音楽に合わせて花火が上がるのはもう当たり前の世界かと思うけど、上がる場所が絶妙すぎる。
お城へのライトアップ(マッピングもあったかと思う)と音楽と花火の相乗効果ってこんなに凄いんだ。と思うショーでした。

ちなみに、Nは自分へのおみやげにCD購入しました。
ハロウィンパーティーでは、Hallowishesと名前を変更して、ハロウィン仕様のWishesも行われてました。
こちらもオリジナルと全く違ったものに見えたから、また驚いた。それは別記事に起こしますね。