読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Over 'D'

海外ディズニーへの旅ログ

WDW 2014.9 Magic Kingdom② Fantasyland編

Magic Kingdom内最大のエリア、Fantasylandについてまとめます。
Fantasylandは2012年12月にリニューアルオープンして、かなり広くなりました。
現在は、既存のFantasylandから拡張した部分をNew Fantasylandと俗称されています。

 既存のFantasyland部分には日本でもお馴染みのアトラクションが多数あります。
ルーセルピーターパン空の旅イッツ・ア・スモールワールド、フィルハーマジック…等々
日本とは微妙な違いもあります。
ルーセルは「Prince Charming Regal Carrousel」、ティーパーティーは「Mad Tea Party」、プーさんのライドは「The Many Adventures of Winnie the Pooh」と若干名称が異なってます。
内容は大差ありません。 

プーさんとか内容はほぼ同じだけど、Magic Kingdomの方が古いシステム方式でした。
ズオウとヒイタチの部分とかブラックライト方式だし、ディガーの弾むシーンもレールの形を変えて、左右に揺れながら進む形式でした。
ただ、Qラインは子供が飽きないように色々なインタラクティブが設置されてましたね。(写真撮り忘れた…)

画期的!と思ったのは、手をかざすだけでハチミツの滝を避けられる大きなディスプレイが壁になってたこと。
ハチミツをいっぱい避けると、中からキャラクターの絵が現れるので子供たちが一生懸命画面を擦ってました。
(画面に直接触れなくてもいいことに気づいてない…勿体無いテクノロジーの使われ方…) 

 

あとは、イッツ・ア・スモールワールドの外観が違うのが衝撃的でしたね。
建物の中に、見慣れたメアリー・ブレアデザインのあの建物がありました。
初日Magic Kingdomに行った時、スモワはどこにあった?と全く印象になくて、
2回目行った時に真剣に探したら、まさかの屋内でびっくり。
内容はこれまた東京とほぼ同じ。微妙に人形の配置が異なってましたが。
ここはアナハイムと違ってキャラクターの人形はありませんでした。
TDL版の日本の子ってこんなにお辞儀のタイミング早かったかな…

東京にないアトラクションとしては、Princess Fairytale Hallですね。
ここは常時、決まったプリンセスたちに会えるグリーティング施設です。
入口は2つに分かれていて、シンデレラ&ラプンツェルとアナ&エルサとなっていました。

アナとエルサのグリーティングは今年4月からこちらの施設に移動していて、FP+対応になりました。
FP+も争奪戦です。
私達がFP+取得しようとした時はすでに20時台のものしか空きがありませんでした…
FP+なしで行こうとするなら、朝一でこちらに直行するのがベストのようです。
大体平日の日中で60分、休日だと120分待ちとかだったかな。

残念ながら私達がWDWへ訪れるちょっと前くらいからアナとエルサ同時にはグリーティングができなくなり
最初はアナ、次にエルサとグリーティングするようになっていました。(但し、2人は同じ部屋にいる)
アナとエルサに挟まれて写真撮りたかったなぁ…
施設内は普通のグリーティングと違って、妙に厳かな雰囲気が漂っていました。雰囲気に飲まれて一層緊張…。

グリした感想は、アナは気さくで元気!、エルサは女王の風格で落ち着いた雰囲気でした。
アナはFrozenのTシャツを着てたことに気づいてくれて、ネイルもだよ~と見せたら喜んでくれました。
エルサは最初は良い感じに会話したんですが、途中から英語判別不能に陥ってAもNも愛想笑いしか出来ませんでした…。ぐぬぬ
サインはエルサのが凝ってました。スノーフレークが散らばってました。 

 

あと、Fantasylandにはラプンツェルの世界を模したエリアがあります。
ちょっとした休憩所になってますが、ここになんとスマートフォンの充電スペースがあります!
スマートフォンで公式アプリを使って、FP+や待ち時間をチェックするのが普通な環境になってますので、電池切れに困ったら使ってね。というサービスなんでしょうね。
ちなみに塔やランタン型のランプに見とれてて見落としがちですが
パスカルを探せ!的なエリアもあるので、疲れたらこの辺りで休憩するのも良しかと思います。

忘れては行けないのはパークのシンボル、シンデレラ城ですね。
Magic Kingdomのシンデレラ城はレストランになっています。
WDWの4つのパークの中で、一番ランクの高いレストランです。
予約は電話のみ。ダイニングプラン2014の使用は不可。
今回はとくに予定には含めてなかったので、ノーマークでしたが、いつか行ってみたいですね。

既存のFantasylandについてはここまで。次にNew Fantasylandについて書きます。