読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Over 'D'

海外ディズニーへの旅ログ

Fantasmic! どこのパークで観てもいい!

DLR2015

f:id:nutty_D:20151025193433p:plain

前回のリベンジ!と題して、今回は旅行日程に週末を含めるように意識。
3年前は平日のみの日程だったため、9月ではFantasmic!が観られず…
今回も金土日のみの開催でした。
到着日が土曜日だったのでその日は下見をし、翌日はダイニングパッケージを利用してバッチリ正面で鑑賞しよう!というのが私達の計画。

ディズニーシーでもお馴染みのFantasmic!ですが
アナハイムのDisneylandが元祖です。
今から20年以上前、1992年から夜の顔として続いている伝統あるショーなんですよね。

結果として、新しいものから遡るように各パークのFantasmic!を鑑賞してきたわけですが、どこのパークで観てもやっぱりFantasmic!はイイ!
TDSソーサラーハット上で展開するものも、WDWの専用劇場があるものも、DLRのコロンビア号やマークトウェイン号が出てくるものもどれも素敵。

アナハイム版はアメリカ河でショーが行われるため、舞台上のミッキーとの距離が3パークのうちで一番近いのが特徴。
(ミッキーたちが登壇するメインステージはトムソーヤ島の一部)
また、普段アメリカ河で運行している、マークトウェイン号とコロンビア号がそのままショーの中でも使用されるのは圧巻です。

TDSWDWと異なる点は、ピンクの象(ダンボ)やピノキオのシーンがあることかな。
前述したコロンビア号はピーターパンの海賊船として登場しますが、このアクションもすごかった。通常アトラクションとして使用されている船なのでスケールの大きさにも圧倒されます。
登場するヴィランズはウィックドクイーン/ウィッチ、アースラ、チェルナボーグ、マレフィセントのみ。
1992年から始まったことを考えると、3パーク中で一番トラディッショナルな内容になってます。
その点はクラシック作品が好きなので非常に楽しめました。
子供の頃に見ていた映画作品が具現化されて、まさにImagination!の世界。

先述しましたが、初日はFastPass発券、2日目はダイニングプランを利用しました。
アナハイム版はそうした事前入手のチケットがないと鑑賞エリアに入場できない。
Fast Pass発券機はビッグサンダー・マウンテンの出口付近に設置されていました。
2日目のダイニングパッケージはRiver Bell Terraceの夕飯をチョイス。
この日のFantasmic!は2回公演があり、食事をするときにどっちの回にする?と確認されました。
食事を終えるとダイニングパッケージ専用の鑑賞チケットが貰えます。
チケット記載の時間までにエリアの入場口に行くよう説明されるわけですが、この入場口が非常に混雑する!
Harbour Galleyというクラムチャウダーを扱うお店の近くに入り口がありました。
確か、集合時間より遅い時間になるとFastpassの入場に表記が変わっていたはず。
(初日はBlueエリアのチケットを入手して、同じ所から入場した)

集合時間の前に向かったけど、ほとんど日本人ばかりだった…
そういえば、River Bell Terraceも日本人だらけだった(時期柄仕方なし)
ダイニングパッケージ利用者はおそらくみんな共通の入場口から鑑賞エリアへ。
Blue Bayou Restaurant利用の人たちは専用のシート(座布団みたいなやつ)を敷いて待ってたのを見かけました。
入場出来るエリアは一番前のエリアでした。

どうでもいいけど、今回もミッキーの踊りや動きがツボでしたw
アメリカでしか見られないのが惜しい限り。