読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Over 'D'

海外ディズニーへの旅ログ

シンデレラを観てきた

マレフィセントでがっかりしたので実写映画には全く期待を持たないようにしてましたが、
評判が良かったのと妹の感想が良かったので観に行ってきました。

www.disney.co.jp

めちゃめちゃ良かった!
ちゃんとアニメーションのストーリーに沿っているし
それに実写映画としての魅力もプラスされてた
継母の嫌がらせにあのように人間味をもたせられるとは。
観たいと思うディズニーのシンデレラの実写映画が成立してました。

(本当、マレフィセントは何故あぁなった)

しかもアニメーションでは描かれなかった部分の補完となるシーンが多くて
継母たちが家にやってくるまでのストーリー然り
なぜ0時を過ぎてもガラスの靴だけが残ったのかというところ、
王子がシンデレラを見初める理由だとか、フェアリー・ゴッドマザーが現れる理由とか
物語の厚みが良い方向に増していて非常によく出来ているなぁと終始楽しめました。

そのままアニメーションの表現を引用するわけじゃないけれど
ちゃんと印象を変えずに引用されている表現もあってそこも良かった。
舞踏会ではじめに踊る曲はワルツとか、ナイチンゲールの歌とか。
アナスタシアとドリゼラは容姿ではなく、心が不細工というのも良かったなぁ。

王様が余命わずかだったり、大公がヒール役なのも考えると、
結構王子側のキャラクターは実写版になると物語のスパイスになっていた印象。
ストーリーに説得力をもたせようとすれば、自然な流れだと理解してますが
しかし、アニメーションでは”ハッとして踊って追いかける”しかしてない王子が
頼もしく凛々しい王子にキャラクター付けされていたのも良かったわぁ。

あれこれ言いたいことは細かいこともたくさんあるけどまとまらなくなる!
シンデレラのように、クラシック作品を現代映画として見ても不自然にならないように
今後のディズニー実写映画もリメイクする方向で進んでくれることを切に願います。

"Have courage and be kind."
信じていれば夢は必ず叶うもの、ではなくて勇気と優しさで道を切り開いていくシンデレラの方が共感しやすかった点
慣れ親しんだディズニー映画を良い意味で印象を変えさえる凄い作品だなと思います。

 

あ、もちろんFrozen Feverも噂に違わず、とっても良かった!
エルサのアナへの愛が大きすぎて頑張りが空回り…そして看病。
またしても全姉が泣くわw
っていうか、原題の素晴らしさをもっと日本中に広めて欲しいくらい!
2018年内公開予定の続編も非常に楽しみです♪