読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Over 'D'

海外ディズニーへの旅ログ

WDW 2014.9 Magic Kingdom⑤ New Fantasyland編

WDW2014

New Fantasylandのもう一つのエリア、Storybook Circusはその名の通りサーカスが題材になったエリアです。
見た目も完全サーカス!

 ディズニーでサーカスといえば、ダンボ。
Magic Kingdomの空飛ぶダンボはなんと2機あります。
(下の写真じゃわからないけど、奥にもう1機ある)
しかも見た目がすごく豪華。(アナハイム版と同じデザインかな)

FP+とスタンバイで並ぶ列が別になっていて、待機の仕方に違いがあります。
スタンバイで並ぶと途中で、スタンバイ専用のプレイグラウンド(屋内)に入場できます。子供専用で。
小さいお子さんが並ぶのに飽きないようにした配慮ですね。

プレイグラウンドに入る際には担当キャストに受付し、ライド時間になったらお知らせしてくれる端末を渡してくれるようです。
AもNも立派なオトナですから、プレイグラウンドは外から様子を見てみました。
中ではダンボが飛び回っていて、よくある子供用の室内アスレチック的な造りになってました。

大人はただただ、スタンバイ列を並びます。
プレイグラウンドの受付を少し過ぎた後で、FP+の列と合流。
そこからライドまではあっという間でしたね。 

ダンボの前にはケイシーJr.を始めとするサーカスの動物たちが乗っている列車がモチーフのプレイグラウンドがあります。
あちこちから水が噴出してきて、油断禁物。
しかも朝から晩まで水が吹き出してるから常にびちゃびちゃ。

 

Storybook Circusのゲートをくぐってすぐ左手側にはPete's Silly Sideshowがあって
中ではグーフィー&ドナルドと、ミニー&デイジーとグリーティングできます。

グーフィー:パイロット、ドナルド:蛇使い、ミニー:プードルの調教師、デイジー:占い師に扮した衣装がみんな可愛いです。

滞在中は2回こちらの施設に行ったけど、最初にドナグーの列に並んでみたらドナルドにフォトパスのカメラマンさんが付いてなくて、手持ちカメラでの撮影だけでがっかり…。
再チャレンジしに行ったら、今度はグーフィーに付いてるカメラマンさんのカメラの調子が悪くて手持ちカメラでの撮影だけでまたもがっかり…。
まぁ、タイミングだから仕方ないんでしょうけどね。
ちなみにHalloween Partyのときはグーフィー以外はみんな特別な衣装になっていました!(これはまた別記事に)

 

そして、このエリアの一番奥にあるのがミニコースターのThe Barnstormerです。
先述したSilly sideshowでのグーフィーのパイロット姿はここに関連しているんですね。
HOW TOシリーズの飛行機がアトラクションになった…感じでしょうか。

ミニコースターですが、狭い中を急旋回したり、看板を突き破ったり…面白いアトラクションでした。
アナハイムのDCAにあるGoofy's Sky Schoolに雰囲気は似てるけど、あれほどの激しさはないかな)

 

以上が、Magic Kingdom最大のエリアFantasylandでした。
TDLも2024年までにファンタジーランドを拡張するということなので、
こちらのような感じになるのかな~と想像すると楽しいですね。
日本独自色が出そうですが、これからの10年も楽しみです。